計算方法や複利を知ろう

>

利益の時と同じ計算ができる

買い持ちの場合の計算を知る

円高になっている、いわゆる買い持ちの状態では、変動した価格に、通貨を購入した数を掛けてください。
その答えが、損失になります。
簡単に答えが出るので、積極的に挑戦してください。
取引をするたびに損失が多いことが分かったら、方法を変えてください。
そのまま同じ方法を使っていると、どんどん損失が多くなります。

FXで、資産を増やしたいと考えている人がほとんどだと思います。
いろんな方法があるので、次の方法を使ってみましょう。
すると自分に合っている方法が分かると思います。
最初から、1つの方法に執着しないように注意してください。
自分に合わない方法だと思ったら、冷静になって方法を変えましょう。
早く買えれば、最小限の損失で済みます。

売り持ちの計算方法とは

売り待ちの時は、通貨の価値が上がった時に損失が出ます。
100円の通貨が110円になったら、損失の計算をしてください。
その場合は、110から100を引きます。
答えの10に、購入した通貨の数を掛けることで、損失を算出できます。
初心者は、計算を間違えてしまうかもしれません。
また、自分の計算が本当に合っているのか、不安を抱くことがあるでしょう。
もし不安だと思ったら、何度も計算し直してください。

すると答えが間違っていた時に、早く気づいて修正できます。
間違ったまま損失を認識していると、資産がどんどん減ってしまうでしょう。
暗算が得意な人でも、FXをしている時は焦って間違える可能性があります。
電卓などを使って、計算しましょう。


TOPへ戻る